会社案内|沿革

昭和15年
(1940年)
当時の国策により、個人事業者9名が合同し、有限会社平田農機具製作所を設立。
農具・土工具・鉱山および山林用具類を製造し、道内・樺太・満州方面へ販売を開始。
昭和19年
(1944年)
木工部を新設。木柄類の製造を開始。
昭和21年
(1946年)
農林省指定工場及びホクレン指定工場となる。
昭和22年
(1947年)
有限会社日耕農具製作所を設立。木工部門を移設拡大する。
昭和23年
(1948年)
通産省の重要産業指定工場の指定を受ける。
昭和27年
(1952年)
国鉄札幌管理局の指定メーカーとなる。(保線用工具類の製造)
昭和30年
(1955年)
札幌市水道局指定メーカーとなる。16mm以下鋼板シャーリング切断加工業務開始。
昭和47年
(1972年)
社名を有限会社平田鋼具製作所に変更。
昭和51年
(1976年)
札幌市西区発寒1086番地に敷地を取得。(現:西区発寒17条14丁目1番38号)
昭和53年
(1978年)
本社及び工場の全面移転。
昭和55年
(1980年)
土木・建築関連の製作物に営業展開を図る。
平成2年
(1990年)
創立50周年を迎える。
工場増築330m²
平成3年
(1991年)
社名をエスピー工研有限会社に変更。
株式会社に組織変更。(株式会社エスピー工研)資本金1,000万円
平成5年
(1993年)
建設業(鋼構造物、工事業)許可取得。北海道知事許可(般-8号)石第13901号
平成9年
(1997年)
倉庫(1,320m²)を小樽市銭函に移転。協力工場を併設。
平成10年
(1998年)
土木資材メーカー3社と協力指定工場契約を結ぶ。
平成11年
(1999年)
建設業(とび、土工工事業)許可取得。北海道知事許可(般-11号)石第13901号
平成12年
(2000年)
創立60周年を迎える。
防雪柵・雪崩予防柵及び関連製品メーカーとして営業展開を始める。
平成13年
(2001年)
地蒔ホタテ漁業器材(八尺)の製造および関連漁業資材の製造を開始。
平成20年
(2008年)
北海道経済産業局新連携対策補助事業に参画。
ホタテ貝船上選別支援装置の開発を開始。
平成22年
(2010年)
創立70周年を迎える。
平成24年
(2012年)
太陽光発電架台基礎用鋼管スパイラルアンカーのオーダーメイド制作の販売開始。
平成26年
(2014年)
二次元レーザ加工機(2kw)新設。
オプション機能―NCターンテーブル装備。
(丸鋼管・角鋼管・溝形鋼・山形鋼の加工が可能)
平成27年
(2015年)
創立75周年(創業80周年)を迎える。
平成28年
(2016年)
NC付普通旋盤新設(ものづくり補助金活用)、主軸貫通孔径 φ260(各種ネジ加工が可能) 。
平成28年度 札幌市優良工場表彰を受ける。
平成29年
(2017年)
ロボットプラズマ切断機新設(4m移動装置及び貫通口径 φ600ポジショナー連動)。